引っ越し経験は割と多い方だと思いますが・・・

11.01

引っ越し経験は割と多い方だと思いますが、その上で、一つだけ多くの人に聞いて欲しいことがあります。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。とある引っ越しの時、運んでもらった荷物の中で、いくつかの食器が割れてしまっていました。実は自分の作品だったので、かなりショックを受けました。ただ、値段のつくようなものではないので文句をつけたりはしませんでした。そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。大がかりな引っ越しをするときには、当日はやるべきことに追われてしまい、朝から晩までの作業になることは必然ですから、当日でなくてもできることは終わらせておけば当日の負担が減ります。引っ越したらすぐに、水道や電気、ガスなどを使用可能にしておくことは絶対条件としても、引っ越す日まで使いそうなものは、他のものと一緒にせず、すぐ使えるようにしておくと楽です。引っ越しにお金はあまりかけたくないという場合、頼りになる業者が赤帽でしょう。中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに評価が高い引っ越し業者です。料金設定は時間制のものが多いので、ご自身もドライバーと一緒に荷物を運べば引っ越し作業にかかる時間を出来ると思います。赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。挨拶は引っ越しにとって欠かせません。今でもやはり、転居元や転居先の隣人へちゃんと挨拶に行くのが今後の生活を気持ちよく過ごすためにも良いと思います。挨拶をしなかったせいで関係が拗れてしまうことも珍しくないからです。生活をしていく上で、お互い目をつぶらないといけないことも出てくるでしょうから、隣人には、積極的に挨拶しましょう。いつ引っ越しするか決まった時点でまず必要になるのが転出届を提出し、転居を公にすることです。これは、今住んでいる市区町村で手続きします。役所の窓口に提出します。郵送でも手続きできます。また、平日昼間に役所に行くことが難しいなら、委任状を添えれば、代理人が提出しても問題ありません。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことが可能になっているようです。引っ越しの日取りが大体確定したら、簡単なもので充分ですから、自分の引っ越しの日までの、作業プランを作っておくと役に立ちます。一般に、準備のスタートが早すぎると生活を送るのに不便を感じるようになりそうですし、反対にゆっくりしすぎていると、時間がどんどん過ぎてバタバタして新生活に障ります。やり方としては、今現在使っていない衣類や、本などといったものからまずパッケージしていけばきっと間違いはないでしょう。距離が近い引っ越しの場合でしたら家族や親せきなど、自分たちだけで引っ越しをすることも難しくはありません。方法ですが、最初の段階から自家用車を使って、荷物を運べる分だけ日数をかけて運んでいくようにします。少量ずつ時間をかけて運んでいくことで自家用車で無理なく、しかも十分な荷物を運搬できます。大型家具などは、さすがに自家用車では無理なので、トラックを一日レンタルして、何度か往復すれば荷運びは済むでしょう。こうすると、引っ越し費用はかなり安くできます。テキパキと計画通りに引っ越しを進めることも大事なのですが、最も大切なことと言えば引っ越しにかかる費用を節約するということです。思いもよらない出費が続いたりして、推算をオーバーしてしまうという話も耳にします。安くてサービスの良い業者を見付けられるかが大切ですので、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。近頃では、知る人も少なくなってきたようなのですが、引っ越しソバという言葉もありまして、引っ越しをするとソバを食べるという面白い習慣が、かなり以前からありました。どんな意味があるのかというと、そもそもはソバの形状に引っかけてぜひ、細く長いお付き合いをしたいものですと縁起をかつぐ意味合いと、ソバに越してきましたので、よろしくというダジャレもこめてご近所のみなさんに振る舞ったのが、始まりだと言われているようです。引っ越しのやり方は色々ではあるものの、最近多いのは、引っ越し会社に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。ですが、傷のつきやすい大型家具や、重い家電などが運ばれる時は、任せっぱなしではなく、作業をそばで見ておいた方が良いです。仮に業者がそういった荷物の運搬中に傷を作ったり壊したり、といったことになると、標準引越運送約款により、業者は補償を行なうことになっています。ただ、確かに引っ越しによってついた傷なのかを確認しておかないと、すみやかな補償が難しくなるかもしれません。自分の周囲に大変な数のものがある生活をしている方がいるとすれば、その方が引っ越すとき最も大変なのは所有するものの整理と荷造りでしょう。ものの多さの余り、引っ越しまでに荷造りを終えられないとすればもう引っ越ししなくても良いと思うこともあるでしょうが、良い機会ができたと思ってどんどん捨ててしまうようにすればぐっと整理が進むはずです。全ての人にとって引っ越しの際にはダンボールを使うわけで、引っ越し業者から無料で提供されることも多いのですが、有料だったり、数が少なかったりすることもあります。そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で手に入ります。その場合、サイズは一定していません。移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同じダンボールを積むのでなければ計画的に積んでいく必要があります。生活に必要な手続きとして、電話回線の引っ越しももう一度見直してみましょう。もう固定電話を使わないという話になれば別ですが、電話だけでなく、ファックスなどのために電話回線が必要ならば転居後の回線利用を確保するための作業が欠かせません。契約開始が引っ越しに間に合わないと、電話が使えないことで生活の一部が不自由になるので、いわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く必要な作業を進めていきましょう。引っ越しの前に、業者の見積もりをとると思いますが、えっと思うようなことがありました。当然のように、液晶テレビの運搬では保険をかけないと契約できないと言われました。引っ越しの荷物として40型の液晶テレビがあったため、買ったときに30万円以上した場合、運ぶためには保険の加入が必要と言われてしまいました。業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、どこの業者さんでも同じなのかまだ引っかかっています。あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、どの世帯にもある食器は特に面倒です。必ずといっていいほど陶器やガラスの割れ物が含まれ、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、また、専用の箱があるのでそれに入れるなど、どこまでも慎重に包んで、運べるようにすると破損の可能性はかなり低くなります。けっこう多くの世帯で、引っ越すときにライフスタイルに関わる様々なことを再点検するでしょうが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかもこれを機にちょっと考えてみませんか。引っ越しをきっかけにテレビのない生活を送るならば、どう考えても受信料を払う必要はありません。まず、引き落としされていれば中断して、NHKとの契約を終わらせる手続きを思い切って実行しましょう。学校を卒業した直後、学生の時からの友達と一緒に共同生活していました。ペット不可のアパートが圧倒的に多く友達は猫と一緒に暮らしていたため条件に合う物件を探すのに苦労しました。不動産屋さんも何軒か回ってやっとのことで物件が見つかりました。即入居できたので、引っ越しして私たちも猫も満足できるところに住めました。私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、1歳になる子供と一緒でした。引っ越して、小さい子でも新しい環境に慣れるまでの間、ストレスを感じることもあったようです。引っ越したときに、子供のものについても片端から仕分けて捨てることになりました。いろいろ片付けていて母子手帳の今までのところを読んでみたんですが、なんだか懐かしく思いました。賃貸物件から引っ越す際、原状回復しなくてはいけないことになっています。しかし入居中に経年劣化することも確かです。どう見ても破壊や破損だと判断できるところは修理費用の請求につながることが普通ですが、経年によって避けられない変化とされれば修理費用を請求されることはありません。いずれにしても、住宅を傷つけたり、損なったりしないことがいずれやってくる退去時を考えると賢明です。自家用車も一緒に引っ越しする場合、自動車についても住所変更手続きを求められますが、そのときナンバープレートも変更になるかと心配になるかもしれません。ナンバープレートに関して、変わるかどうかは引っ越し先を管轄する陸運局によって決まります。転出してきたところと、同じ陸運局の管轄ならナンバープレートはそのままで良いのですが、異なる陸運局の管轄であればナンバープレートも変更しなくてはなりません。物件探しについてなのですが、よく行く駅の近くにある不動産屋さんで、探してもらっていました。どこにでもありそうは不動産屋さんでしたが、本当に親切で、対応が丁寧だったので、すっかり信用しまして、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。違う不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれると担当者さんに教えてもらったので、あちこち出向かずに済みました。これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?たとえば、荷造りをしているときです。普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手のケガはよく見られます。それから、大小さまざまな荷物を運ぶので荷物を落としたり、挟まれたりする危険性が高いのです。ここで注意してほしいのは、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を用意しなければなりません。作業しやすくなるのはもちろん、より安全になります。引っ越して住所が変更となったら、すみやかに、国民健康保険の資格喪失手続きと加入手続きが必要となっております。ところで、資格喪失の方は古い方の住所で、新しい住所の役所で、加入手続きについては行うことになります。国民健康保険証と、印鑑とさらに、本人確認書類にできる運転免許証などを携えて届け出に行きましょう。同じ市からの引っ越しでも、転居届は、出さなければいけないものですから、ご注意ください。天候は、引っ越し作業に大きく影響することが多く、特に雨の日などは、荷物の防水など、やることが増えます。作業を一貫して業者に任せてしまうのでしたら、業者の不備で荷物が濡れるなどの心配はないものの、雨による渋滞で転居先に荷物が届く時間が遅れ、終了時間がずれ込むことはあり得ます。業者任せでなく、自分で荷造りをする場合は、防水対策は必要です。特に梅雨時などは何時降ってきてもおかしくありませんから天気が怪しい時には、雨対策を忘れないでおきましょう。何かとお金がかかるのが引っ越しですが、どの引っ越し業者に頼むかによって、引っ越しの費用が異なってきます。ですから、出来るだけお得な引っ越し業者を選択したいですね。他より多少費用が高い会社でも、引っ越しの時の不用品を回収してくれるサービスを提供している会社もあるようですから、何軒かの業者に見積もりをとって、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。何かサービスを受けた時にそれに対してチップを渡す、という習慣はまったく馴染みがありませんが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人はかなり大勢います。大変な仕事を、無事に終わらせてくれた作業員にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、飲み物など差し入れを、あらかじめ用意したりします。当然ながら、こうした差し入れなどは、渡す必要はないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても素直に嬉しいし、正直助かる、ということです。世帯全体での引っ越し経験があれば必ず行ってきたことですが、ガスの解約は転居前に終わらせなければなりません。私も何度か引っ越しを経験してきましたが、解約の手続きそのものは難しいものではありません。しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後に使われた分も請求されてしまいます。確実に終わらせてください。また、転居した月の月末まで料金の支払いは自分のところに来るのです。無事に引っ越しを済ませて、住所が変わりましたら運転免許証に記載されている古い住所も、変更の手続きをしましょう。運転はほとんどしないからということで、この次の更新時まで以前の住所のままでも困らない、と考える人もいるのですが、運転時の携行義務以外にも、免許証を使う機会というのは意外と多いです。一つの例としては、何かを申し込む際(例えば携帯電話の新規申し込みや機種変更)に本人確認書類として使うことができます。銀行の口座を開設しようとする時もよく使われています。そういったこともあり、住所変更手続きは早めに行っておいた方が良さそうです。引っ越しで、一人暮らしの場合、ベッドを置くべきかどうか考えることがあります。ワンルームに住むとすれば、ベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。それに、業者がベッドを移動するとき、新居の入り口からベッドを入れられないなどの困った事態になることもあります。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を試しに始めてみると部屋をより広く使えるようになりますよ。いざ引っ越しをと思っても、どの業者を選んだらよいのか悩む方も多いと思います。初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイで見積もりをとって利用しました。見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。引っ越しの当日に対応してくれた配送員の人がすごく親切だったことが印象的でした。その後の引っ越しは、いつも引っ越しのサカイにお願いしています。経験から言っても、安心感が違うと思います。今後もまた引っ越しの機会があっても、ずっとサカイさんにお願いするつもりです。
大阪市此花区 引越し 見積もり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る